春には、鳴かないはずの亀が鳴く――
不思議な俳句の季語「亀鳴く」をめぐる書き下ろし・録り下ろし作品、5篇と4曲を収録した、CD-R付ZINE。


■参加作家
オカヤイヅミ @okayaizumi
くどうれいん @0in9d
トオイダイスケ @daisuketoi
中村さやか @Lebe_mann
福嶋伸洋
岬ロカ
山口優夢
ゆnovation @UWannasing
yohei @we_are_myhawaii
(*あいうえお順、夫々の簡単なご紹介はこちら

写真=金本涼子
イラスト=カニコーセン @kanikoosen
編集=酒井匠

■収録内容
巻頭グラビア
[小説] 三月の海/福嶋伸洋
[小説] ハイパースプリングタートルナイト/くどうれいん
[漫画] 夕亀/オカヤイヅミ
[エッセイ] 亀が鳴くように/山口優夢
[短詩(自由詩)] 亀鳴くにまつわる、彼女の傍点/中村さやか
[ミニコラム] おとな科学電話相談室「亀って本当に鳴くんですか?」
[ミニコラム] 「亀鳴く」のプレイリスト
[音楽]
Tortoise Head/yohei
walkin’/ゆnovation
days of carapaces/トオイダイスケ
Sometimes Turtle Sings In April/岬ロカ

■「亀鳴く」とは?
古くから俳句に用いられている春の季語で、「春になると亀の雄が雌を慕って鳴くというが、実際には亀が鳴くことはなく、情緒的な季語」(角川書店『俳句歳時記』)と説明されています。
春ののどかで、ぬぼーっと間の抜けた感じや、少しロマンチックな感じ、同時にどこか不穏さや、SFのような趣も感じられる、おもしろい言葉です。

亀鳴くや人に魔のさすときのあり(鈴木真砂女)
あそびをり人類以後も鳴く亀と(田中裕明)
亀鳴くや身体のなかのくらがりに(桂信子)
大丈夫づくめの話亀が鳴く(永井龍男)
亀鳴くや事と違ひし志(安住敦)
亀鳴くや皆愚かなる村のもの(高浜虚子)
亀鳴くや行きしことなき本籍地(小川軽舟)

『亀鳴く』(CD-R & Magazine)は、9人の書き手・音楽家のみなさんに、この「亀鳴く」という言葉をテーマに、小説・エッセイ・音楽etc.を作りおろしていただき、それをまとめたものです。
(※本書およびCD-Rには、俳句作品・句評・俳論は一切出てきません。)

■編集・発行者プロフィール
酒井 匠
1983年2月東京生まれ、神戸在住
フリーランスで編集、企画、イベント制作、コーディネーター等を務める
ゲストと共に神戸の街を巡る吟行句会イベント「Gabarito KOBE」主催
『real local神戸』にて「神戸音楽カレンダー」連載中
website | note | Twitter

■お取り扱い店(随時更新・2020/11/5時点)
[ONLINE] 酒印直販所 https://sakejirushi.stores.jp
[北海道] アダノンキ(札幌市中央区南1条西19丁目ドレイジャータワー5F/Twitter
がたんごとん(札幌市中央区南1条西15丁目1-319 シャトールレェーヴ605号/website
[秋田] 乃帆書房(秋田市大町2-4-23/Twitter
[岩手] BOOKNERD(盛岡市紺屋町6-27/website
[宮城] ボタン(仙台市青葉区花京院2-1-40南側/Instagram
[東京] B&B(世田谷区代田2-36-15 BONUS TRACK 2F/website
Title(杉並区桃井1-5-2/website
古書ソオダ水(新宿区西早稲田1-6-3 筑波ビル2A/website
BREWBOOKS(杉並区西荻南3-4-5/website
SUNNY BOY BOOKS(目黒区鷹番2-14-15/website
ポポタム(豊島区西池袋2-15-17/website
[千葉] 本屋lighthouse (千葉市花見川区幕張町1-1265-4/Twitter
[長野] 栞日(松本市深志3-7-8/website
[京都] 恵文社一乗寺店(京都市左京区一乗寺払殿町10/website
誠光社(京都市上京区中町通丸太町上ル俵屋町437/website
[大阪] toi books (大阪市中央区久太郎町3-1-22 OSKビル204号室/website
葉ね文庫 (大阪市北区中崎西1-6-36 サクラビル1F/website
FOLK old book store(大阪市中央区平野町1-2-1 1F+B1F/website
スタンダードブックストア(大阪市天王寺区堀越町8-16 TENNOJI BASE 1F&2F/website
[奈良] とほん(大和郡山市柳4-28/website
[和歌山] 本屋プラグ(和歌山市万町4 ニューリチャードビル南1F/website
[兵庫] 1003(神戸市中央区元町通3-3-2 IMAGAWA BLDG. 2F/website
ワールドエンズ・ガーデン(神戸市灘区城内通5-6-8 1F/Twitter
Otohatoba(神戸市中央区北長狭通3-12-3 B1F/Twitter
[愛媛] 本の轍(松山市春日町13-10 小田原ビル101/website
[岡山] 蟲文庫(倉敷市本町11-20/website
[広島] 弐拾dB(尾道市久保2-3-3/Facebook
[鳥取] 汽水空港(東伯郡湯梨浜町松崎434-18/website
[沖縄] 言事堂(那覇市壺屋1-4-4 1F左/website
「亀鳴く」
2020年10月30日発行/冊子A5・56p + CD-R/価格:1,500円+税
発行者:酒井匠(酒印)
お問い合わせ: kamenaku●shosakai.com (●をアットマークに変更してメールをお送りください)